スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコ台に「クギ曲げ」不正が横行

以下は、J-CASTニュース 12月18日(金)20時8分配信からの引用です。
■パチンコ台に「クギ曲げ」不正が横行 警察庁が悪質行為だとして、店舗に撤去を求める
全国の店舗でパチンコ台を調査した結果、すべてに不正が見つかったとして、警察庁がパチンコ台の撤去を求める事態になっている。なぜ今ごろになって、警察は腰を上げたのだろうか。
 大当たりになる「中央入賞口」付近の釘の間隔を広くし、小当たりになる「一般入賞口」付近の釘の間隔を狭くする。
■メーカー側も不正なパチンコ台を出荷
 こうすれば、パチンコ玉の消費は早くなるものの、大当たりが出る確率もアップする。ギャンブル性を高めるため、パチンコ台ではこんな「釘曲げ」が慣習的に行われていると、業界関係者の間ではみられている。
 数十年に渡って行われてきたというが、業界紙によると、警察庁の保安課では、2015年1月になって、この釘曲げ行為を取り上げ、風営法の趣旨に反する最も悪質な行為だと店舗側への行政講話で指弾した。ここ3年間の釘曲げについての行政処分を見て、このような発言になったという。
 その意向を受けて、遊技産業健全化推進機構が6~8月まで遊技機性能調査を行い、警察庁では11月6日、すべてに不正が見つかったとして、店舗側にパチンコ台の速やかな撤去を要請した。パチンコ台については、警察OBもいる「保安通信協会」が釘などの状態をみる「型式試験」の検定をしているが、調査したパチンコ台には、「検定機と同性能のパチンコ遊技機が1台も発見されない」という異常事態だったというのだ。
 それも、今度は、パチンコ台のメーカー側に落ち度が見つかった。各メーカーでつくる「日本遊技機工業組合」では、11月に入って、出荷段階ですでに検定機と異なる性能だったことを確認した。そして、対象となるパチンコ台を回収すると警察庁に報告し、それを受けて、警察庁が店舗側に撤去を要請する事態になっていた。
ギャンブル性を高めるやり方がパチンコ業界全体で行われていた
 パチンコ店側は、メーカーの対応を見ないといけない様子で、店舗側団体の1つ、全日本遊技事業協同組合連合会では、取材に対し、「警察庁から撤去の要請が出ていますので、協議している段階です」と広報課の担当者が答えるのに留まった。
 釘曲げにメーカーも関わっていたとすると、ギャンブル性を高めるやり方がパチンコ業界全体で行われていたとも言われかねないことになる。
 ジャー白書によると、パチンコにおける1人当たりの平均消費金額は1989年が年間50万円ほどだったのに対し、2014年は年間300万円ほどと約6倍に跳ね上がっている。ギャンブル性の高いパチンコ台に多額のお金を注ぎ込んでいる人が多いとみられ、家族らを巻き込んだ多重債務問題につながっているとの指摘が出ている。
 ネット上では、そうなる前に、警察がもっと早くから業界を指導するべきだったと批判する声が多い。天下りを通じて警察が業界と癒着しているためではないか、との憶測も出ているほどだ。
 今回、警察が腰を上げた理由については、東京五輪までにパチンコ店を減らしたいのではないかといった声や、警察への不信感から、茶番劇ではないかという、うがった見方さえ出ていた。
 パチンコそのものへの批判も根強い。「ギャンブルとして認める法整備をしてその代わり規制を厳しくすべき」との声もあるが、「パチンコいらない」「廃止でOK」との意見が数多く上がっている。
スポンサーサイト

AKB48 で 6億円ゲット物語!

 というわけで、ぱちんこAKB48で勝った軍資金を6億円ゲットしようとして、ジャンボにつぎ込んだアナタ、ギャンブル依存症になる前に禁パチ・禁スロで人生をリセットしましょう。

 っていうか、デフレ脱却、消費税率アップ必要なしがよーくわかる、髙橋洋一さんの「日本人が知らされていない お金の真実」を読みましょう。 

 人気ブログランキングへ
 くる天 人気ブログランキング



「ぱちんこAKB48」で撃沈物語・・。

 以下は、10月18日付・毎日jpからの引用です。

ギャンブル依存症の自助グループ「GA(ギャンブラーズ・アノニマス)」の全国の集いが21日、福岡県篠栗町金出(かないで)の県立社会教育総合センターである。89年に日本でGAが発足して以来、首都圏以外では初めての開催となる。全国で400万人とも言われるギャンブル依存症患者。主催者は「本人と家族が語り合うことで、回復の道を歩むきっかけになれば」と参加を呼びかけている。
 GAは依存症のギャンブラーが回復を目指し、互いに体験を匿名で語り合うのを主な活動にしており、全国に約130グループある。全国の集いは毎年500人近くが参加し、初の地方開催となる今回は、九州・山口のGAメンバーが「地方の仲間にも全国的な交流の機会を」と1年がかりで準備した。
 実行委員長は福岡県の30代男性で「意志が弱いだけだと思われがちで、病気だと理解されていない。九州はパチンコによる多重債務者が多い」と開催の意義を語る。
 男性は20歳ごろパチンコにのめり込み、借金は総額2000万円に上った。親が肩代わりしたが、職場の金を横領したこともあり、自殺も考えたという。4年半前、横浜市の施設に入り、GAを知った。「同じ経験をした仲間がいる」。自分の体験を話すうち、心のこわばりが少しずつ解け、ギャンブルを辞めることができたという。男性は「回復には仲間の『共感』が不可欠と知ってほしい」と強調する。
 全国の集いは午前10時〜午後4時。メンバーや家族らの体験発表のほか精神科医の講演が予定されている。問い合わせは、実行委(090・9475・6448)。
 一方、集いでは、ギャンブル依存症問題に取り組む作家で精神科医の帚木蓬生(ははきぎほうせい)さん(65)が講演する。同県中間市の通谷メンタルクリニック院長として患者と向き合う帚木さんは「日本はギャンブルであふれているが、依存症対策は全然足りない」と指摘する。現状と対策について聞いた。
 −−ギャンブル依存症とは。
 まず「意志」では止められない病気だと知ってほしい。次第に賭け金が増えていき、歯止めが効かなくなる。人間性さえ失い、犯罪に結びつきやすい。
 −−なぜ発症するのか。
近年の研究では脳内物質のドーパミンの過剰分泌が原因とされる。日本はギャンブルの誘惑が多い。市場規模約20兆円のパチンコはゲーム扱いでほぼ野放し。競馬や競輪の公営ギャンブルはもちろん、宝くじ類も依存の対象になる。
 −−家族も悲惨です。
 「うそ」と「借金」が特徴だからだ。裏切られた家族が精神科を受診することも多い。借金の肩代わりは禁物。アルコール依存の患者に酒を飲ませるようなもの。
 −−患者数は。
 09年に公表された厚生労働省の調査では成人の男性9・6%、女性1・6%、国内に400万人と推計される。大半はパチンコ絡み。日本のパチンコ台数は500万台近くあり、世界のギャンブル台の3分の2を占める。
 −−どのような治療を行うのか。
 自助グループのミーティングに週1回以上参加し、医療機関に月1回の受診が必要だ。治療を続けなければ再発する。犯罪抑止にもつながり、自治体が自助グループの活動を支援すべきだろう。

人気ブログランキングへ
 くる天 人気ブログランキング

「CRぱちんこAKB48 で 48連チャン!」

「CRぱちんこAKB48 で 48連チャン!」を目指して、ウソと借金を繰り返しているアナタ、ギャンブル依存症です。禁パチ、禁スロで人生をリセットしましょう。

人気ブログランキングへ
 くる天 人気ブログランキング

「ウソ→借金→ホール直行→ボロ負け→ウソ→借金→ホール直行→ボロ負け」

「ウソ→借金→ホール直行→ボロ負け→ウソ→借金→ホール直行→ボロ負け」を繰り返しているアナタ、ギャンブル依存症です。禁パチ、禁スロで人生をリセットしましょう。

人気ブログランキングへ
 くる天 人気ブログランキング


「今日は、15連チャン以上するまでは、帰らない!」

「今日は、15連チャン以上するまでは、帰らない!」とホールへ出かけ、ボロ負けだったアナタ、ギャンブル依存症です。禁パチ、禁スロで人生をリセットしましょう。

 人気ブログランキングへ
 くる天 人気ブログランキング


車内に放置の赤ちゃん死亡 母親はパチンコへ

 今回は、テレビ朝日(ANN)のニュースから。

 「三重県桑名市のパチンコ店の駐車場で、パチンコをしていた3時間、赤ちゃんを車に放置して死なせたとして母親が逮捕されました。」
 保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは、桑名市の無職・佐藤貴子容疑者(45)です。警察によりますと、佐藤容疑者は16日午後2時半ごろから5時半ごろまで、桑名市のパチンコ店の駐車場に止めた軽自動車に生後5カ月の長男・亮介ちゃんを放置して死なせた疑いが持たれています。佐藤容疑者は、車の窓を閉めてエンジンを切った状態で亮介ちゃんを車に放置したまま3時間ほどパチンコをしていたということです。桑名市の16日の最高気温は32.9度でした。警察の調べに対し、佐藤容疑者は「育児で悩んでいて、子どもから離れて1人で考え事がしたかった」と容疑を認めています。

 で、今回のニュースで気になったのは、「育児で悩んでいて、子どもから離れて考え事がしたかった」の部分です。3時間のパチンコ中に1人でした考え事ってどんなことなのかな?子どもから離れて考え事をするんだったら何もパチンコ店でなくてもっていうか、パチンコ店じゃない方がいいわけで、ベビーシッターに預けるなど他にも選択肢はいくらでもあった中で、あえてをパチンコ店を選んでしまった容疑者は、ギャンブル依存症の可能性があります。

 というわけで、本日、1人で考え事がしたくてパチンコ店に入ってしまったアナタ、ギャンブル依存症です。今すぐ、禁パチ,禁スロで人生をリセットしましょう!

人気ブログランキングへ
 くる天 人気ブログランキング

ギャンブル依存症になる前に禁パチ・禁スロで人生をリセットしましょう。

 以下は,毎日jpからの引用。ギャンブル依存症になる前に禁パチ・禁スロで人生をリセットしましょう。 

 東日本大震災の被災地で、パチンコ店がいち早く復旧し、にぎわっているという。銀玉をはじく被災者の胸の内はいかなるものなのか。“自腹″の軍資金1万円を握りしめ、被災地のホールをのぞいた。

 宮城県石巻市の郊外。雪に覆われた街並みに、津波で1階部分が流された民家やシャッターが閉まったままの商店が点在する。津波で浸水し、約半年後に新装開店した大型パチンコ店を訪れた。平日にもかかわらず、開店前には約40人の列ができた。

 「雪の日にも来てあげたんだから今日は出してくれるよね?」。この日の最低気温は氷点下5度。毛糸の帽子を深くかぶって並んでいた年配の女性が若い男性店員に念を押した。店員とは顔見知りのようだ。

「ご来店ありがとうございます」。午前9時。女性のアナウンスで店内に入る。どこに座ろうか、まごまごしていると全員がパチンコ台の前に座ってしまった。迷った末に最前列に並んでいた年配の男性の隣に座ってみた。

 ゲーム開始。玉が中央の穴に入ると画面の数字が回り、三つそろえば大当たりだ。約8000円分の玉が一気に吐き出されるという。連続で大当たりすることもあるらしい。ところが、1000円で遊べたのはほんの数分間。「次こそは」と打ち続けると、わずか30分間で1万円がなくなってしまった。

 我に返って店内を見渡すと300席以上ある台の8割が埋まっている。7、8人に1人が大当たりして、出玉の箱を何箱も積み上げていた。正午過ぎには、ほぼ満席になった。ずっと打ち続けているお年寄りの台の上にある表示を見ると「大当たり回数0回」。開店から3時間。30分1万円として推定6万円は負けている。娯楽は数分、その後は大バクチの世界だ。

 店を出てきた客数人に声をかけた。「勝ちましたか」と聞いても、「いやあ」「まあ」とあいまいな返事ばかり。一様に暗い表情だ。来店してきた中年女性は「負けた人は何も話さないでしょう。家族に内緒で来ている人も多いからね」と言う。「開店から並ぶ客は毎日来る人。借りてでも打ちに来る」と眉をひそめた。

 「あれから大当たり出ましたか」。午後1時すぎに店から出てきたお年寄りに声をかけた。開店時から隣に座っていたと告げるとバツの悪そうな顔になった。「きょうはダメだったなあ。11連チャン(連続11回大当たり)した日は少し勝ったっけねえ」と話すが、時期や金額ははっきり覚えていないという。

 大負けしても毎日のようにパチンコに通う理由を聞くと「震災前はあまりやってなかった。津波で息子を失い、家も流されて、ばあさんと2人で近くの仮設住宅に来てからは知り合いもいない、やることもないから、まあ、暇つぶしだ」と横を向いた。パチンコは若いころからやっているという。

 仙台市のパチンコ業界関係者は「娯楽の少ない石巻など沿岸部は、全国でもパチンコ店の多い地域。宮城県内のお正月営業は、各チェーンの1番店(営業成績トップの店舗)なら震災前の前年同期比でも大幅プラスになっていると思う。震災の影響が残る店もあるが、今年は全体でプラスに転じるのではないか」と予想する。

 石巻市で地域に密着した被災者支援を続ける「NPO石巻復興サポートセンター」の遠藤司さん(49)は「震災後、厳しい現実から逃れるためにパチンコ店を訪れ、深みにはまる人も多い。震災が言い訳になっている側面もあるでしょう。孤独を深めた一部の被災者がギャンブルやアルコールに依存していく悲劇が生まれています」と話す。

 長年、依存症の治療に取り組む田辺等・北海道立精神保健福祉センター所長(精神科医)によると、災害後、被災地でギャンブル依存症が増加することはよくあるという。「ギャンブル依存症やアルコール依存症、また、その傾向のある人は、被災生活が長期化すると症状の再燃や悪化のリスクが高くなる。本来、自分が能力を発揮すべき仕事や学業、家族関係が失われ、仮初めの生活をしている情けなさや将来への不安などが長く続くことで、アルコールやギャンブルを使いたい気持ちが高まる。また、治療のために通う当事者グループへの参加が、災害によって途切れてしまうと、リスクがさらに高まるからです」と指摘する。

 ギャンブル依存症とは、気分が晴れず、自尊心の失われた状態の時、賭け事に勝って刺激を受け、それが習慣化して、賭け事をやらないと気が済まない状態になること。生活資金などを投入してしまうため、問題化し、二度とやらないと誓っても、家族に隠れてまで続けることから「否認の病気」とも呼ばれる。

 どう治療するのか? 田辺所長は「まずは依存症を治療している病院や精神保健センターを訪れ、専門家に判定してもらうこと。本人と家族が依存症だと受け入れる作業から治療が始まります」と説明する。その後は「専門家のアドバイスを受けながら、依存症患者の当事者グループに根気よく通い、生活スタイルを切り替えていく。ギャンブルをしなければいいのでしょう、と本人が思うだけでは決して回復しない」と強調する。

 被災地では「保健師やボランティアが、依存症を判定するチェックリストや相談窓口のチラシを配るほか、生活が破綻した依存症患者やその家族が頼る債務相談窓口の司法書士らと依存症の専門家が連携していくことも有効」という。同県ではすでに司法書士のグループがギャンブル依存症の専門家を招き、学習会を開くなど対策を始めた。

 だが、被災者の心のケアに取り組む別のボランティアは「被災者と一口に言っても、生命保険や義援金を受け取った人から、仕事を失って何の補償もない人まで懐具合はさまざまです。パチンコをしていたとしても適度な範囲なら息抜き。ボランティアの立場で、被災者のお金の使途を聞き出すことは困難です」と、難しさを説明する。

 午後7時。同じ店を再び訪れると店内は順番待ちする人まで出ていた。中学生ぐらいの女の子が、誰かを捜している。出玉の箱を5箱積み上げていた女性の所へ。短く言葉を交わすと女性が1000円札を手渡した。女の子の顔が一瞬、悲しそうにゆがんだ。

 店を出た女の子に追いついて「お母さんなの?」と声をかけると、うなずいた。「1000円もらったよね?」「『隣でご飯を食べておいで』って。あそこのレストランに行くところ」「お母さんは毎日パチンコに来るの?」「『パートに行く』と出ていくのだけれど……」。最後は消え入りそうな声だった。
 誰かを責めて解決することはないだろう。被災地の闇をパチンコ店の青白いネオンが寒々と照らしていた。


人気ブログランキングへ
 くる天 人気ブログランキング

カジノの負けを取り戻そう!

 というわけで,久々の更新ですが,井川意高さんのような東大法学部卒でもギャンブル依存症になると,もうどうにもならないようであります。
 本日,パチンコ,パチスロでボロ負けをして「井川さんの負けに比べればたいしたことないや。」と自分を慰めてしまったアナタ,ギャンブル依存症です。今すぐ,禁パチ,禁スロで人生をリセットしましょう!

カジノ豪遊の大王製紙御曹司、特別背任容疑で逮捕
スポーツ報知 11月23日(水)8時2分配信

 東京地検特捜部は22日、カジノの負債の支払いに充てる目的で子会社4社から計32億円を借り入れ、損害を与えたとして、会社法の特別背任の疑いで、大王製紙の前会長・井川意高(もとたか)容疑者(47)を逮捕した。逮捕容疑は、今年7月から9月にかけ、子会社に指示し、本人名義やカジノ関連会社の銀行口座に7回、計32億円を振り込ませ、いわき大王製紙など4社に損害を与えた疑い。

 井川容疑者は弁護士を通じ「延べ100億円余りの融資を受け、これをすべて、個人的用途に使ったのは事実だ。借入金のほとんどをカジノでのギャンブルに使ったことも事実」とコメントを発表。先物取引や外国為替証拠金取引(FX)でかぶった損失を穴埋めするためカジノで勝負したが、借金が膨らんだという。

 井川容疑者は、業界3位の総合製紙メーカーで社長の座を約束され「お坊ちゃん」と呼ばれた。子会社役員に使途も説明せず「明日までに自分の口座に振り込むように」と、担保のない貸し付けを指示。貸付額は、昨年5月から今年9月まで26回、計106億8000万に上った。大王製紙は井川容疑者が現金で返済した21億円を除いた85億8000万円分について告発している。

 幼少時代から英才教育を受けた。子どものころを知る愛媛県の住民によると「週末ごとに、愛媛県から飛行機で東京の塾に通っていた。また、東大卒の社員が家庭教師をしていた」と証言する。この英才教育のかいあって、現役で東大に合格したが、父の高雄元社長は意高氏に甘く、同社に勤務した男性によると、受験に合格したときのことを社内会議でうれしそうに自慢していたという。

 米ラスベガスやマカオのカジノでは1回の勝負に1000万円賭ける上客で「月1回、マカオに通い詰め、4か月連続で5億円ずつ負けたことも」と友人は証言している。 

人気ブログランキングへ
 くる天 人気ブログランキング

CRパチクエネクストで8900万円スルかぁ?

 びっくりしたっていうか,また,出てしまった着服のニュース。リニモ社員が8900万円を着服し,競馬につぎ込んでいたそうですね。該当社員は,「深みにはまり、エスカレートしてしまった。とんでもないことをした。」と反省しているそうですが,本当かなぁ?ギャンブル依存症であれば,また,馬券買いに走ってしまうと思うんだけど・・。
 いずれにしても,着服の引き金は,ギャンブルか女性が定番なんですけど,今回の8900万円をCRパチクエネクストでスったすると,どれくらいの時間がかかるのかな・・・1日10万負け続けたとして,8900÷10=890日。1年は,365日だから,890÷365=2.438・・。なんだ,2年半か。
 イカン,イカン,禁パチ,禁スロ中なのに,また,どうでもいいことを考えてしまった。というわけで,私みたいにギャンブル依存症になる前に,今すぐ,禁パチ,禁スロで人生をリセットしましょう!
 今日,大負けだった人,これを見て!→クローズアップ現代・パチンコ依存症
 甘~いものが食べたい方は,こちら!→
あまーいデザートはいかがですか?
心と健康が気になる方!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。