スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車内に放置の赤ちゃん死亡 母親はパチンコへ

 今回は、テレビ朝日(ANN)のニュースから。

 「三重県桑名市のパチンコ店の駐車場で、パチンコをしていた3時間、赤ちゃんを車に放置して死なせたとして母親が逮捕されました。」
 保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは、桑名市の無職・佐藤貴子容疑者(45)です。警察によりますと、佐藤容疑者は16日午後2時半ごろから5時半ごろまで、桑名市のパチンコ店の駐車場に止めた軽自動車に生後5カ月の長男・亮介ちゃんを放置して死なせた疑いが持たれています。佐藤容疑者は、車の窓を閉めてエンジンを切った状態で亮介ちゃんを車に放置したまま3時間ほどパチンコをしていたということです。桑名市の16日の最高気温は32.9度でした。警察の調べに対し、佐藤容疑者は「育児で悩んでいて、子どもから離れて1人で考え事がしたかった」と容疑を認めています。

 で、今回のニュースで気になったのは、「育児で悩んでいて、子どもから離れて考え事がしたかった」の部分です。3時間のパチンコ中に1人でした考え事ってどんなことなのかな?子どもから離れて考え事をするんだったら何もパチンコ店でなくてもっていうか、パチンコ店じゃない方がいいわけで、ベビーシッターに預けるなど他にも選択肢はいくらでもあった中で、あえてをパチンコ店を選んでしまった容疑者は、ギャンブル依存症の可能性があります。

 というわけで、本日、1人で考え事がしたくてパチンコ店に入ってしまったアナタ、ギャンブル依存症です。今すぐ、禁パチ,禁スロで人生をリセットしましょう!

人気ブログランキングへ
 くる天 人気ブログランキング
スポンサーサイト
心と健康が気になる方!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。