スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「青ドン」の禁断症状・・。

 禁パチ,禁スロを始めると必ず訪れるのが禁断症状です。
 いろいろな症状があると思いますが,私の場合は,
 
 1. 落ち着かない(イライラしてしまう)。
 2. 禁パチ,禁スロを誓ったのに,以前に増してしたくなる。
 3. 開店の時間が気になって,財布をチェックしたり身仕度をしたりしてしまう。
 
 以上のような状態になり,何度も挫折してしまいました。今,禁パチ,禁スロが2年7ヵ月続いていますけど,もしかしたらまた,やってしまうかもしれません。対処法の一つとしては,禁断症状が表れたとき,なぜ,「自分は禁パチ,禁スロを始めたのか。」を強く思い起こすことです。決断(動機)が,しっかりしたものであればあるほど,耐えられる期間が長くなります。
 
 禁パチ,禁スロを誓っても失敗してまう・・。では,どんな時にやってしまうのでしょうか。よくあるパターンを私の経験も入れながらまとめてみました。
 1 給料日やボーナス日などで,自由に使えるお金が入る→ホールへ!
 2 仕事や家庭でストレス増大!→ホールへ!
 3 これだけしなかったのだから,1000円だけなら大丈夫!(勿論,1000円で済むわけがありません。)→ホールへ!
 4 しないけど,ちょっとホールの様子を見てみよう。→3のパターンとなり失敗。
 5 酔っぱらって,直行!
 
  禁断症状に陥った時には,とにかく自分を客観視することです。つまり,「きた!きた!禁断症状。行きたい自分が,今ここにいるぞ!耐えられるか,試されている~!」これで,私の場合は,ある程度,踏みとどまることができ,現在に至ってます。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://gyouzasyuumai.blog112.fc2.com/tb.php/4-17e78580
心と健康が気になる方!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。